FC2ブログ

某SEの日記

svn接続させるために【Subversion】

svn接続させるためには、svnserveを起動させる必要がある。

起動方法はいろいろあるが、svnserveをサービス化して自動実行しておくと楽なので、
その方法について説明する。

●サービスの追加
以下のコマンドを実行する。

sc create svnserve binpath= "c:\Program Files\Subversion\bin\svnserve.exe --service --root c:\svn" Displayname= "Subversion" depend= tcpip start= auto obj= "NT AUTHORITY\LocalService"

●ファイアウォールの設定
ファイアウォールが設定されている場合はsvnserveを例外に設定しておく必要がある。

例外設定で、「ポートの追加」をクリック

名前:svnserve (違う名前でもよいがこれがわかりやすいだろう)
ポート番号:3690 (デフォルトだと3690。明示的にポート番号を変更している場合はその番号を指定する)
TCP

サーバー側の設定は以下で終わり。

利用側では、
リポジトリブラウザのURLに
svn://(サーバー名):3690/(リポジトリ名)
を入力する。

スポンサーサイト



このページのトップへ

プロフィール

ibarakinakano

Author:ibarakinakano
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する